ノーミソ刺激ノート

読書やスポーツ、言語に関することを書きます。

広告

ミニ「宗教」がこれから流行る理由

「宗教」を語らない「宗教」が流行る 嘘でも教祖になれる 自分の宗教本を読ませる方法 「宗教」を語らない「宗教」が流行る これからAIが発達して、どんどん人間は働かなくなるでしょう。 そうなると、宗教が流行るのは必然です。 今まで多くの人が働いてい…

ビジネス書・自己啓発本をたくさん読んでも無意味な理由

「読書」にも種類がある 「小説」と「ビジネス書」が全然違う理由 「解釈」は充実感につながる 「読書」にも種類がある 「読書してます」 というと、普通は「小説を読んでる」と思われるのが一般的だと思います。 しかし今は、 ビジネス書 自己啓発本 を読ん…

動画作成初心者の苦悩

ブログに慣れて1年 「喋るの得意だし」と思ってた ブログだったらうまく行ったのに ブログに慣れて1年 ブログの描き方も分かってきたので、今は動画作成に集中してます。 私はブログを2018年の3月から始めたので、今はもう1年経過しました。 たくさん、集中…

『平成狸合戦ぽんぽこ』はどういう話か【考察】

どこを見るべきか 作品中の曼荼羅の意味は 「衒」とは何か タヌキは高畑自身 どこを見るべきか この上の絵が答えだと思います。 「衒」とは「ひけらし」ということ。 つまり高畑勲自身は、これを自分の知識のひけらかしだと言っているんです。 高畑作品は宮…

新元号『令和』とはどういう意味か

出典は『万葉集』から 元号を変える理由 字の意味 歌のイメージについて 「音」について 出典は『万葉集』から 時に初春の令月(れいげつ)にして、氣淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。 五・八一五右序文「于時初春令月 気淑風和」 〔儀…

自分の哲学を打ち立てる方法

別れは勝手に訪れる 初めは資料集めに苦戦する 「哲学科」に入るとどうなるか 「難しい本」は時間がかかるものとして受け入れよう 別れは勝手に訪れる 自分で哲学を打ち立てるには、たくさん本を読まないといけません。 中高生の頃は何となく、 「世界はこう…

ノーベル文学賞の基準とは

世界的に読まれること 「民族性」は「珍しさ」 優れた作家でも取れないパターン ノーベル賞の基準 世界的に読まれること よく言われていることをまとめます。 世界的な問題であること 時勢に影響する 政治的な問題に影響する 民族的な問題であること ノーベ…

簡単な語彙力のあげ方

具体的な方法 語彙力を上げるのが簡単になった理由 シェイクスピアを簡単に読む 基礎的な受験参考書は役立つ インプットもいいがアウトプットをたくさんしよう! 語彙力が上がるとどうなるか 具体的な方法 本をたくさん読めば語彙力は上がります。 今は、漫…

「夜、眠れない」ときのための思考法

まずは「気にしないこと」 具体的な対策 目をつぶっているだけで7割睡眠状態? まずは「気にしないこと」 眠れないことは誰でもあることです。 で、一番いいことは「気にしない」ということ。 睡眠に限らず、生き物の最大の敵はストレスです。 ですから、「…

読書環境を整える方法【家電篇】

自宅読書はすすめられない 部屋の掃除が大切 空気清浄機・加湿器がいい お掃除ロボット 洗濯乾燥機 自宅読書はすすめられない 読書には、基本的に自宅以外でするのをおススメします。 なぜなら家だと 誘惑がたくさんある。 やるべき家事が見つかってしまう。…

病気・アレルギー持ちの人に向いている仕事

ブログを書こう 長期的に稼ごう そんなネタを書くといいか 病気ネタ、健康ネタはよく読まれます。 ブログを書こう 私自身はアトピーなんですけど、非常にメリットがあります。 楽ですし、継続的に稼ぐことが出来るんですね。 以下に病気・アレルギー持ちの人…

「やる気が出ない」時の読書・勉強対策

「やる気がない」のを悩むことは無い 場所を変える 「本」が自分に合っていない 「やる気がない」のを悩むことは無い 読書のやる気が起きないのは普通のことです。 とはいえ、読みたい場合は、とにかく本を開きましょう。 家にいる場合は誘惑がたくさんあり…

大人のための「読書感想文」(レポート)の書き方

選ぶべきジャンル 読むべきでないもの 気を付けるべき言葉 小説を読んだほうが良い理由 選ぶべきジャンル 大人になって読書感想文のレポートを書く場合に気を付けたいポイントをまとめます。 まず「ジャンル」ですが、何を読んでもいいでしょう。 課題図書が…

【多読・速読】大量の本を読む技術

具体的な「方法」 本を撰ぶこととができる 「岩波文庫」は難しい 具体的な「方法」 本をたくさん読むには、 「古典・名作」 を先に読んだほうが効率がいいです。 とはいえ、いきなりは読めませんから、 「まんが版」「図解版」 を読みましょう。 ドン・キホ…

「読書」ばかりする子供に「不安」な親

「読書」が楽しい理由 「似ている」から安心する 情報化して行く人間 「情報化」が仕事になる 「読書」が楽しい理由 「読書はいいことだ」 とよく言いますが、世間では、読書ばかりしている子供が以上じゃないかと思う親もいます。 結構いるんですね。 じゃ…

関連コンテンツ スポンサーリンク